【鬼滅の刃】つまらない?面白い?実際はどうなの?

漫画

こんにちは、シノブです!

今回紹介するのは『鬼滅の刃』です。

個人の意見なので「こんな意見もあるのか〜」程度に読んで頂けたら幸いです。

アニメありきの鬼滅ブーム

アンチでは、ありません

少し前から人気のあったアニメ『鬼滅の刃』を見ました。

まず思ったのは、作画がめっちゃ良い

主人公が浅草に行ったシーンなんか、街が綺麗すぎる

そして、大人気『パワハラ会議』ののち迎える最終回

「えっ!ここで終わるの!?」

アニメを見ていた私はそう思いました。

原作を知らない人は続きが気になって、気になって、震えたはず

とか言うやつらが出てきて、半分以上の柱の実力も呼吸も解らないまま終了

上弦、下弦の鬼がいて、その下弦の鬼達が鬼のボスに大半は殺されるけど

一体だけ気に入られ、強くなるために血を分けてもらった鬼が

主人公たちと同じ列車に乗っている、しかも柱の姿も

絶対、ここから面白くなるじゃんってところで終了はなんとも殺生な

アニメを全話、見終わっての感想は……

アニメ1話〜26話を使った広告

26話を使い

  • 主人公の人柄や思い
  • 呼吸と日輪刀という、鬼と戦う武器
  • 鬼のボス
  • 上弦、下弦の鬼と言う敵の幹部
  • 主人公の仲間(同期組、柱)

を描き

そして、敵(下弦の鬼)、主人公、柱が同じ列車に乗っているところを描いて終了

あの終わり方はズルい、単行本の購入意欲を促している

実際、私も本屋に駆け込んで書いました。その時は人気がでてしばらく経っていた頃でしたので

全巻揃えるのが大変でした。

単行本で買ったのは間違いでした。全巻揃えるのに一週間近くかかった

これから、買う予定の人はこだわりがなければ電子書籍を勧めます。

20巻発売日、開店して10分経っていないのに列が出来ていました。

アニメ化されていない無限列車編を読んで

アニメの続きは7巻だったのでそこから楽しみにしながら、無限列車編を読みました。

アニメでも薄々感じていたけど、ストーリー展開が早い

無限列車でどんな激闘を繰り広げるのか楽しみにしていたのに、ほぼ夢の中での出来事

そこには、駆け引きはあったもののバトルか?と尋ねられたら首を傾げます

他にも、楽しみにしていた柱の実力ですが突如現れた、上弦の鬼に倒される

えっ!?

今回も柱の実力はあやふやな感じで終わりました。

漫画『鬼滅の刃』を全巻読んで

ストーリー展開が早いのは、個人的には好きですが

鬼滅の刃は早すぎる印象をうけました。

ストーリー展開が早すぎるせいで(特に登場人物の死)感情移入できませんでした。

あっ、はい、あっ、はい

こんな感じです。

鬼滅の刃は面白くない?

ここまで良いように言ってきていませんが

鬼滅の刃はつまらなくはないです。

ややこしい言い方ですいません

ですが、はっきりと面白いとは言えないです。

上記で話した通り、ストーリー展開が早すぎて、感情移入出来ないのが主な理由ですが

他には、バトルシーンがちょっと分かりずらい

漫画だから仕方ないし、アニメを先に見てしまったのが原因かもしれませんが

どうしてもバトルシーンをアニメと比較してしまいます。

これらの理由があり、はっきりと面白いと言えない状態です。

個人意見:まとめ

アニメ化されなかったら、社会現象を引き起こすほど人気は出なかったと思います。

まっ、つまらなくはないので、次巻も発売されたら売上げに貢献します。

謎の上から目線(笑)

最後に!

人気の衰えない鬼滅の刃、コラボ商品もバカみたいに出ています

映画も2020年10月16日(金)に公開されますが、どうなっちゃうんだろう

映画を2周、3周と見る人は当然のように出てくだろうし

隣に人がいない状態でゆっくりと見たい私にとっては、大人気と言うのも困り物です。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 予告編第1弾 2020年10月16日(金)公開

2期はどうせするだろうから、映画でどこまでするのかが楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました