【漫画紹介】かぐらまいまい!・レビュー

漫画

こんにちは、シノブです!

今回は『かぐらまいまい!』という漫画のレビューを書いていきます!

  • 少女たちのほのぼの日常
  • ちょっとファンタジー
  • 萌え・癒し

『かぐらまいまい!』が気になった人は早速!試し読み↓

かぐらまいまい:あらすじ

入学式の朝、お参りに行った神社で一人踊る少女・美夜と出会ったことがきっかけで「御神楽」を知った女子高生・こふく。そんな彼女の前に現われた謎の女性に導かれながら、こふくは御神楽の道を進み始める…。女の子たちが輝くちょっと不思議な青春御神楽ストーリー、開幕です!

『かぐらまいまい!』1巻 作品内容より

「御神楽」をテーマ

個性豊かな少女たちが、巫女となって

「御神楽」を舞う!

「御神楽」とは、神様をお祀りする時に奏でる舞いです。と言ってもわからないと思います。

有名作品の「君の名は」でヒロインの三葉が口噛み酒を作る際にやっていた舞や

「鬼滅の刃」の主人公、炭治郎のお父さんが仮面をつけてやっていた

ヒノカミ神楽をイメージしてもらうとわかりやすいです。

魅力的なキャラたち

一宮こふく、、天真爛漫、誰にでも人懐っこい、ポジティブまさに主人公!

花守美夜、、家が神社なので巫女をやっている。神社が貧乏らしい、御神楽を舞っているところを一宮こふくに見られ懐かれる。

赤城カンナ、、思いたったら即行動、お金持ち?花守美夜が幼少期に舞っている御神楽の動画を見て、御神楽が好きになった。

王子神ミコト、、一見クールキャラ、運動神経がよく昔はバレエをやっていたが辞めてしまう

一宮こふくが作った部活に勧誘され最初は断っていたが、入部を決意する

矢上咲耶、、王子神ミコトの年の離れた幼馴染み、ミコトのことをずっと心配している。一宮の部活の顧問

謎のお姉さん、、謎のお姉さんと呼ばれているだけあり、全てが謎、後の展開に期待

かぐらまいまい:基本情報

作者あひる さん
出版社芳文社
連載誌まんがタイムきららキャラット
ジャンル日常 神社 コメディ
巻数1巻 (2020年8月28日現在)
アニメ化していません…。
値段電子880円
紙 935円

かぐらまいまい:見どころ

「御神楽」と普段、目にしないようなテーマで分かりにくい、小難しい内容かと思っていたらちゃんとわかりやすい

きらら作品ならではの萌え作画でよりストーリーが楽しみながわかりやすい

そして、ほのぼのと日常を過ごしていくだけでも楽しめますが

謎のお姉さんという存在を出して、今後の展開を楽しみさせているところもgoodです

最後に!

今回紹介した『かぐらまいまい!』の見どころをまとめると

見どころ1

聴き馴染みのないテーマでもストーリーがわかりやすい

見どころ2

ただの日常作品ではなく、謎を残して話しが進んでいくので妄想でワクワクできる

作品の雰囲気などを踏まえて、この作品があう人は

微量のユリ要素に萌え要素、ただの日常作品ではなく少しの謎を残した漫画を好む人

今回紹介した漫画はこちらっ!

『かぐらまいまい!』

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました